本文へスキップ

精密部品加工/金型の設計製造、自動機省力化装置/治工具の設計製造、船舶関連機器の製造

TEL. 097-521-1379

〒870-0278 大分県大分市青崎1-3-21

会社概要(Company)

社 名
株式会社戸製作所
代表者
藤江 信一
本社所在地
〒870-0278
大分県大分市青崎1-3-21
TEL. 097-521-1379(代)
FAX. 097-521-3397(代)
→アクセス
資本金
4,000万円
設 立
1970年1月19日
従業員数
40名
取引銀行
大分銀行、西日本銀行
   (株)戸高製作所



経営理念


        我々は、技術を育み 新しい価値を創造して社会の発展に貢献する。



経営方針


       ・ 顧客を大切にし、共存共栄をはかる。
       ・ 我々は、技術を育み 新しい価値を創造して社会の発展に貢献する。
       ・ M&Eの技術を探求し、社会の発展に貢献する。
       ・ 社員に自己実現の場を与え、その資質を最大限に発揮させる。
       ・ 全員参加の経営を行う。
       ・ 地域の一員を自覚し、郷土の発展に貢献する。



沿 革

1970年1月
大分県大分市三佐に戸鉄工を設立
1976年1月
社名を 株式会社戸高製作所 へ改名
1976年9月
アセンブリを開始
1980年4月
業務拡大のため、本社所在地を現在の青崎へ移転
1980年6月
ICのリードフレームを生産開始
1982年3月
自動機械・金型製作部門の拡大のため工場を増設
1986年6月
ICのアセンブリの生産を終了
DIPリード検査装置(TLC)を発表
1986年11月
ICリードフレーム金型の設計製作を確立
1987年6月
DIPリード曲り修正機(TLR)を発表
1989年9月
SMDリード検査装置(TLC-F11)を発表
1992年4月
ICリードフレームの生産を終了
1995年12月
SMDリード検査モジュール(NEO-100S)を発表
1996年12月
QFPリード修正機(TLR-421R)を発表
1998年5月
ICテストハンドラ(TH-4100)を発表
2000年12月
ME事業部と加工事業部の事業部制へ移行
2001年7月
電子海図表示装置(ESS-100)を発表
2002年3月
卓上型QFPリード修正装置(TLR-441R)を発表
卓上型QFPリード修正ユニット(TLR-440)を発表
2004年4月
旅客専用運航情報モニター(CIS-55)を発表
2017年3月
株式会社南陽 の100%子会社となる


サブメニュー

リンク情報


NCネットワーク
NCネットワークに登録しています。



エコ大分
エコ大分推進事業所
登録番号 EO-0433


Get Adobe Reader
印刷用のページを表示するには
Adobe Acrobat Reader が必要です。






 プリントアウト用の
       設備リストはこちら





 当社、当社ホームページに
   関するお問い合わせはこちら